知る

siru_setumeibun
shiru_denshou
siri1 siri4 siri5
siri7 siri11 siri12
siri13
 
shiru_nature
siri28 siru3
 
shiru_yuzuru
siri19 siri20 siri21
siri22 siri23 siri24
siri25 siri26 siri27
 
shiru_entertainment
siri2 siri14 siri15
 
shiru_pray
siri6 siri16 siri17
siri18
 
shiru_gourmet
siri8 siri9 siri10
siri29

sr1

shiru_kyodaimino

「天下の名瀑」として知られる箕面大滝。「日本の滝百選」にも選ばれている大滝の落差は33mあり、岸壁から水が一気に流れ落ちる様子はとてもダイナミックです。 箕面大滝の流れ落ちる姿が農具の「箕」の面「表面」に似ていることから「箕面大滝」と呼ばれるようになり、地名もこれに由来していると言われています。

ページのトップに戻る

sr2

shiru_kyougakuzi

誰もが大好き・『カルピス』の創業者・三島海雲は、箕面市にある「教学寺」の住職の家系の生まれなんです。 貿易商となった彼は、仕事で内モンゴルに行った際、遊牧民が飲んでいた「酸乳」(家畜の乳を乳酸菌で発酵させたもの)に出合い、飲むと体の調子がよくなることを知り、帰国後、これをヒントに日本初の乳酸菌飲料「カルピス」を製造・発売しました。

ページのトップに戻る

sr6

shiru_minohtomi

富くじとは江戸時代に流行った一種の宝くじのこと。当時の宝くじは興行主が番号入りの富札(とみふだ)を発売し、別に用意した同じ番号の木札を箱に入れ、期日に箱の小穴から錐(きり)で木札を突いて当たりを決め、「福」を授けるというものでした。箕面山瀧安寺が富くじ「箕面富」発祥のお寺で、現在でも毎年10月10日にかつての様式そのままの「箕面富」が開催されています。

ページのトップに戻る

sr8

shiru_ryuuannjii

瀧安寺本堂に祀られている弁財天は水の神格で、古代インドの河の女神「サラスヴァティ」と同格です。瀧安寺の弁財天は竹生島、江ノ島、厳島とともに四弁財天の一として知られ、中でも最も古く60年に一度開帳されます。

ページのトップに戻る

sr12

shiru_nakanosaka

中の坂は現在の滝道ができるまでは瀧安寺への唯一の参道となっており、神仏の住む霊界と人間の住む俗界との境界でした。中の坂の下の四辻にある道標の南面には「すぐみのをかち、右京、左中山」と記してあります。この向かいには大井堰水路分水地(四大字水利組合)があります。これは四大字(平尾、西小路、桜、牧落)が設置した大井堰の分水地となっており、昔は種籾を浸けておく場所としても利用されました。

ページのトップに戻る

sr13

shiru_doubutuenn

明治43年、電車開通に合わせて我が国で3番目の動物園が開園されました。日本最大級の総面積三万坪(甲子園球場の約2.5倍!)、延長5キロの回遊式の観覧遊歩道が設けられ、その所々にライオンを始め、象、虎、はもちろん、火喰い鳥などの珍しい動物もいたようです。入口には不老門と名付けられた竜宮城型の門があり、園内には数多くの四阿(あずまや)が多く建てられ、翌明治44年には大観覧車(空中回転機と呼んだ)も作られました。川端康成が遠足で箕面動物園に行ったということが、彼の著書「少年」にも記されていいます。 しかし、大正5年には動物園は閉鎖されて、ゾウやトラなど大型の動物は、宝塚動物園や天王寺動物園にひきとられたようです。跡地は現在の大江戸温泉物語「箕面観光ホテル」「箕面温泉スパーガーデン」に生まれ変わりました。 今や動物園に行くことはできませんが、その名残は色々なところで見ることができます。例えば、箕面温泉スパーガーデンの建物まで続く道は箕面動物園の園路と同じ形をしています。また箕面温泉スパーガーデンの高層エレベーターの袂には、山をくりぬいて化粧レンガを施した獣舎の跡が残っています!

ページのトップに戻る

sr14

shiru_kannkoubasya

箕面駅から3分ほど歩いたところにあった「つるや(有名な料亭、現在はマンション)前」から箕面大滝の滝見橋まで馬に曳かれた観光馬車が走っていました。修業の古場(しゅげのこば)の急坂では、満員のお客を乗せて、御者にムチで叩かれ蹄から火花を散らして登ったそうです。休日は観光客が多かったので滝道を通らず、駅前からドライブウェイを大日(だいにち)駐車場まで行ったとか。しかし、動物愛護や衛生上の問題もあり、昭和58年に廃止されました。今でも、馬が水を飲んだ水飲み場が大滝の近くに残っており、当時をしのぶことができます。

ページのトップに戻る

sr3

shiru_konntyuukann

箕面の森は、東京の高尾山、京都の貴船山と並んで3,000種を超える昆虫が生息する「日本3大昆虫生息地」と言われています。 心地よい箕面の自然が豊かだからこそ、虫たちがいっぱいいるのですね!箕面に来られるときは温かい目で虫たちを見守ってあげてくださいね。

ページのトップに戻る

sr4

–¼Ì–¢Ý’è-1

水と空気が素晴らしい、箕面北部の「止々呂美」で育てられる箕面の柚子は、全国的にも珍しいと言われる「実生ゆず」。接ぎ木栽培が一般的なのに対し、「実生ゆず」は種から18年もの時をかけて育てられ、やっと収穫できる希少な柚子です。大粒で豊かなその香りは、接ぎ木のものと比べようもないほど素晴らしいもの!ぜひ、この希少なゆずを使った逸品をご賞味ください。

ページのトップに戻る

sr20

shiru_yuzurumayuge

箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」のトレードマークであるキリリと太い眉毛。そっとやさしくなでると幸せになれるといわれています。ゆずると会ったらぜひお試しあれ。

ページのトップに戻る

sr21

shiru_yuzurumannhole

箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」がデザインされたマンホールが市内に1か所だけあります。このマンホールの写真を撮って携帯電話やスマートフォンの待ち受け画面にするといいことがあるとか!?是非とも探し出して待ち受け画面にどうぞ。

ページのトップに戻る

sr22

shiru_shiyakusyo

箕面市役所の玄関では綺麗な石に刻まれた滝ノ道ゆずるの表札があなたをお出迎えしてくれます。「拙者があなたをお出迎えでござる!!」

ページのトップに戻る

sr23

shiru_nakaniwa

箕面市役所内のどこかに小さなかわいい滝ノ道ゆずるが隠されています。ヒントは写真の風景。ちなみにこのゆずる、時々動いてお散歩しているらしいですよ・・・。

ページのトップに戻る

sr24

shiru_niku

みのおサンプラザ1号館のどこかに隠れた滝ノ道ゆずるがいます。しっかり探してこその真のゆずるマスターです!! ヒントはオ・ニ・ク・ダ・イ・ス・キ!!

ページのトップに戻る

sr25

shiru_makotoya

みのおサンプラザ1号館に隠れている滝ノ道ゆずる。みのおサンプラザ1号館を隅々まで探せばきっと見つかります。ヒントはオ・リ・ガ・ミ・オ・リ・オ・リ!!

ページのトップに戻る

sr26

shiru_yuzurubenchi

滝ノ道ゆずるがシックなストーンカラーで堂々と箕面駅前に登場!! 一緒に座ってバス待ちしたり、待ち合わせの暇な時間に撫で撫でしたり、一緒に記念撮影をしたり、と箕面駅前の新しい顔として愛されています。

ページのトップに戻る

sr27

shiru_famima

ビシッとした着物姿がトレードマークの滝ノ道ゆずる。そんなゆずるが何とファミリーマートの店員さんの制服をこちらもバチッと着こなしています!!箕面市内のファミリーマートで探してみよう!!

ページのトップに戻る

sr28

shiru_higuchi

ゆずるの本物!?と見間違えるほどに小っちゃくなったかわいい滝ノ道ゆずる。滝道を上がっていくみなさんをある場所からずっと見守っています。ヒントはオ・サ・ケ・タ・ク・サ・ン!!

ページのトップに戻る

sr5

shiru_kyoutei

今の箕面市に合併する前の三島郡豊川村出身の競艇の生みの親である笹川良一氏との縁から、豊能郡箕面町と共同で1945年から箕面豊能競艇組合として初めは狭山池で競艇事業を開始しました。 1956年以後現在に至るまで箕面市は大阪市住之江区の住之江競艇場を主催し、ボートピア梅田も運営しています。箕面市は2004年に競艇施行50周年を迎え、現在も公営競技のトップリーダとして競艇に携わっています。

ページのトップに戻る

sr15

shiru_minohjiyuu

箕面自由学園・チアリーダー部はJAPAN CAP(日本選手権大会)で9年連続優勝(平成25年現在)するなど、高校日本一のチアリーダー部として活動しています。

戦績の一部 JAPAN CUP…優勝(14回) 全日本高校選手権…優勝(11回) 海外遠征…アメリカ、中国、ギリシャ、イギリスなど

ページのトップに戻る

sr16

shiru_minohkouko

箕面高校ダンス部は、平成25年にアメリカの、カリフォルニア州で開かれた「ミスダンスドリルチーム世界大会」での優勝経験を持つ箕面が誇るスーパーダンス高校生集団!!一番の特徴はみんな仲良しだとか!?仲良しが息の合うダンスの秘訣なのかもしれません。

ページのトップに戻る

sr7

shiru_takimaekekkonnshiki

2013年6月1日、箕面のパワースポットである箕面大滝前で初めての結婚式「滝前式」が執り行われました。箕面市のPRキャラクター「滝ノ道ゆずる」に見守られ、壮大な箕面大滝前で指輪を交換し合うカップルは、箕面の山を美化する活動を行っているボランティア団体「箕面の山パトロール隊」に所属されているお2人。「美しい箕面の山を次世代に繋げたい!」という想いで出会い結ばれた2人の挙式を「箕面の山パトロール隊」の仲間たちと大勢の観光客、そして箕面の山の大自然が見守りました。

ページのトップに戻る

sr17

shiru_tenngumaturi

毎年10月15・16日に箕面山聖天宮西江寺で「天狗まつり」が開催されます。15日夜に宵宮、16日昼に悪魔払い、16日夜に本宮が行なわれます。 祭りの起源は定かでありませんが、江戸時代末期には天狗まつりを記したものが残っています。現在の祭りは祭礼委員会と地元の消防団員有志によって行われ、宵宮と本宮の夜は境内に響く太鼓の音と掛け声に合わせ天狗と神楽(獅子舞)が踊ります。「やらまい!!」の掛け声は「やれ舞え、それ舞え!」が起源。天狗や神楽が子どもを追いかけて叩くのは邪気祓い・悪魔払いの意味があり、天狗に叩かれると元気で賢い子に育つ、女性はお尻を叩かれると子宝に恵まれるといわれています。

ページのトップに戻る

sr18

shiru_fudou

下止々呂美にある日月大高不動尊石仏は全国的にも珍しい翼のはえた不動尊です。昔、この辺りにはキリシタンが多く、隠れキリシタンが天使をお不動さんに変えて信心したと言う説と、この辺りに伝わる天狗を祀る天狗信仰と不動尊信仰が一緒になったと言う説もあり、なぜ翼が生えているかは謎のままです。 パワースポットとされていて男性は右の翼、女性は左の翼をやさしく撫でると恋愛成就するといわれています。翼を持つ世にも珍しい不動尊に素敵な恋愛を導いてもらいませんか?

ページのトップに戻る

sr19

shiru_itinohashi

滝道にある一の橋から大滝まで手をつないだまま放さずにたどりつけた二人は幸せになれるらしいといわれています。

ページのトップに戻る

sr9

shiru_kentucky

秘伝のスパイスの香りに誘われて思わず食べたくなるケンタッキーのフライドチキン。誰もが「お腹いっぱい食べたい!!」と思ったことがあるはず!!そんな腹ペコの願いをかなえるお店が箕面にあるんです。国道171号線小野原交差点のそばにあるケンタッキーフライドチキン小野原店には、なんと日本中でここだ!「カーネルバフェ」という食べ放題のサービスがあります。なんと日本中でここだけ。思いっきり食べたいあなたにはうってつけ!!おしゃべりの話題にいかがでしょうか?

ページのトップに戻る

sr10

shiru_misdo

いまや日本のドーナツ業界のトップを行くミスタードーナツが日本に初めてお店をだしたのが1971年の4月のこと。現在は全国のどこにいても同じおいしさのドーナツを楽しめるミスタードーナツ、そんなミスタードーナツ日本1号店はなんと箕面でオープンしました。当時の1号店は24時間営業、ドーナツは1個40円、コーヒーは1杯50円でした。現在は店舗改装し新しく生まれ変わりましたが、ショップNo0001の表示は変わらず、いつまでも輝き続けています。

ページのトップに戻る

sr11

shiru_ahoya

1回聞いては聞き直して、2回聞いたら覚えてしまえるほどわかりやすくて愛嬌満載のネーミング。たこ焼きやぺちゃ焼きのでおなじみの 「あほや」本店は、箕面市の桜井にあります。そんな「あほや」のこだわりは 生地にこだわった冷めてもおいしいたこ焼き。たこ焼きを美味しく焼き上げる道具と技術、たこ焼きに合うオリジナルソースや醤油をとことん追求し追求し、「あほや」のたこ焼きが完成します。愛嬌のある名前とたこ焼きに関する追求心が合わさっての「あほや」なのですね。

ページのトップに戻る

sr29

shiru_momizinotenpura

もみじの天ぷらの原料である一行寺楓の葉は、掌状に5~9裂に裂けています。そんな中でも9裂の葉は珍しいそう。もしも袋の中に9裂のもみじの天ぷらが入っていたらラッキー♪なにか良いことがあるかも!

ページのトップに戻る